はじめての方も
お気軽にご相談ください

院長の診療日記column

2019.10.05

SGLT-2阻害薬と尿糖

SGLTはNa依存性高容量低親和性ぶどう糖共輸送体で

SGLT-2は腎臓の近位尿細管に存在します。

さらにSGLT-2はセグメントがあり、ぶどう糖を再吸収するのは

セグメント1で90%、セグメント3で10%が再吸収され、尿には通常の尿糖は出現しません。

現在、糖尿病の治療薬で血糖降下作用だけではなく、腎保護作用が強く期待されている、SGLT-2阻害薬は

腎臓のSGLT-2を阻害するので、大量の尿糖が排泄されます。

約200キロカロリー分ともいわれています。

体重は3-5㎏減ることが多く、減量、体脂肪の減少も伴います。

HbA1cも1%以上低下します。

SGLT-2阻害薬は上記の通り、尿アルブミン減少作用や腎障害進行抑制効果も証明されており、糖尿病性腎症の発症抑制する薬剤として注目されています。

この薬を飲んでいると、尿糖は出ますが、尿ケトン体も陽性になることがあります。

これは、ぶどう糖排泄亢進による脂肪分の分解によりケトン体が産生されるためです。