はじめての方も
お気軽にご相談ください

院長の診療日記column

2012.10.27

風邪をひきやすい季節

寒暖の差が激しく、さらに天気も不安定ですね。

晴天で秋晴れの時もありますし、雨が続く時もありますし。

この季節、風邪引きが多いです。

特に朝冷えて、風邪をひいてしまう方が多いですね。

温かくが基本ですがどうしても引いてしまうことがあります。

この季節の風邪引きによく処方するくすりを簡単にご紹介いたします。

ピーエイ剤、PL⇒⇒⇒総合感冒薬です。解熱剤+アレルギー剤で風邪のひき始めで鼻水がよく出るときに使います。

麻黄附子細辛湯⇒⇒⇒これはよく処方します。冷えて鼻水やのどがイガイガする時に処方します。成人や高齢者にもよく処方します。

五積散⇒⇒⇒麻黄附子細辛湯で効果が乏しい時に併用します。「冷えの体質改善」にも使用できる優れた漢方薬です。腰痛でも以前ご紹介したことがあると思います。

小青竜湯⇒⇒⇒麻黄附子細辛湯でも鼻水がだらだらの時に併用します。アレルギー鼻炎でも使用することがあります。

桂枝湯⇒⇒⇒雨に打たれて冷えて微熱、ゾクゾク、鼻水などの風邪をひいた時に処方します。

咳、痰、咽頭痛など他の症状もあり、薬はこれだけではありませんが、この季節によくする私のよく使用する薬のご紹介でした。