はじめての方も
お気軽にご相談ください

院長の診療日記column

2013.03.01

開業して1か月~患者さん中心の透析治療をしていこう

開業して1か月がたちました。

随分と長く感じた1か月でした。

管理者として経営者として慣れないことの連続でしたが、周囲のご協力とスタッフのやる気に助けられてきました。

1か月経過し、そろそろ透析クリニックとして患者さんのためになるクリニックを作っていかなければなりません。

「話す」、「食べる」、「歩く」、「笑う」を大切にしながら。

透析クリニックはスタッフが一丸となって作っていかなければなりません。

医師だけ、ナースだけ、技士だけということではいい透析医療はできません。

ナースに求めることは患者さんをきちんと把握すること。

情報収集をし、ナースとして看護計画を立案すること。

立案したものをどうナース全体で構築し、どう治療に活かしていくか???

技士には「患者さんのため、患者さんに合う透析」を考えてもらいます。

「透析の使い手」としてプロフェッショナルになってほしいと思っています。

理論も大切ですが、目的は患者さんの健康を維持する透析というものを追及してほしいという思いがあります。

医師、ナース、技士がそれぞれ患者さんに合う治療を考え、集結し、話し合いながらいい透析を作っていく。

そういうプロセスがいい透析室を作っていくと考えています。

当院のスタッフは意識が高く、私が言う前にすでに動いていたのには驚きました。