はじめての方も
お気軽にご相談ください

院長の診療日記column

2020.02.07

新型肺炎という言葉

連日のように、新型コロナウイルス感染症に関するニュースが報道されています。

世界でも日本でも感染数が増加し、死亡率も2%台を維持しています。

厚生労働省ホームページにも感染された方の情報や体調が掲載されています。

気になるのは、新型肺炎という言葉。

新型肺炎の原因は新型コロナウイルスで、肺炎と言われたきっかけは武漢市で、コロナウイルス性肺炎が発症し、流行が拡大していったことだと思います。

おそらく死亡した方も肺炎で亡くなられたことと思います。

ただ、どれだけの方が肺炎になっているのか?

厚生労働省のホームーページでは、治療中、軽快などの情報はありますが、肺炎に関する記載はありません。

肺炎=重症化と考えていいものなのか?

新聞でも「新型肺炎拡大」と書いていますが、感染が拡大しているのか、肺炎感染患者が拡大しているのかよくわかりません。

肺炎が拡大しているのであれば大変なことですし、危機感も覚えます。

日本での発症は武漢市と比べて、重症化率が少ない可能性もありますので、肺炎にはなっていないような予測もたちますが、不安はあります。

肺炎だろうが、肺炎ではなかろうが、感染者の方がよくなれば何も言うことはありません。

ただ、医療従事者の立場からは、診断や重症度把握のためにも、その情報は欲しいと思っています。