はじめての方も
お気軽にご相談ください

院長の診療日記column

2022.01.13

南アフリカでのオミクロン株の転帰

国際医学士のJAMAに南アフリカの医療機関における第4波(オミクロン)と第1‐3波(従来、ベータ、ガンマ)の入院患者の特徴や転帰についての論文がある。

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2787776


  • 入院年齢:1‐3波は53-59歳、4波は36歳と明らかに若い
  • 急性呼吸疾患の合併:1‐3波72.6-91.2%、4波31.6%
  • 酸素が必要となる確率:1‐3波 74-82%、4波17.6%
  • 人工呼吸器:1‐3波8-16.4%、4波1.6%と中等症や重症化率も有意に低下

死亡率:1波19.7%、2波25.5%、3波29.1%、4波2.7%とデルタ株の10分の1.


あくまで医療提供体制が異なる南アフリカの結果であるが、このうちワクチン接種者は約25%。

若い方でワクチンを打っていてもブレイクスルー感染しているということは年齢にかかわらず感染しやすいと考える。

また、今回若年者が多かったが、若年者中心の結果でも酸素が必要となった患者は多く、死亡率もそう考えると高い。

軽症が多い問われるオミクロン株ではあるが、ワクチンにより重要かが抑制されるとはいえ、高齢者に感染が拡大すると結果が変わってくるかもしれないことを危惧する。