はじめての方も
お気軽にご相談ください

院長の診療日記column

2021.07.12

エンレスト 慢性心不全治療薬

エンレストはバスサルタン、サクビトリルを有し、ダブルアクションを発揮する。

 

バルサルタンのRAS阻害と、サクビトリルのナトリウム利尿ペプチドを増加させ、体液量を減少させる。

 

  • ACE阻害薬と比べて、心不全の入院、死亡率が約20%低下
  • 心収縮脳が低下しているHFrHFに有効である。
  • 血圧低下と腎機能低下に注意である。
  • 血圧が95未満、K5.5以上、GFR30未満には要注意である。
  • 高齢者でも急激に血圧が低下する可能性があるため要注意である。
  • ACE阻害薬は併用禁忌である(血管性浮腫の出現)
  • RAS阻害薬の切り替えにも十分配慮する。